ご自身のために、通院を続けましょう

当院に通院されている、もしくは通院されていた患者様にお知らせしたいことがあります。それは、「通院は、治療のためだけのものではない」ということ。かつて、歯医者は「病気になってから行く」のが当たり前でしたが、これでは歯や歯ぐきにダメージを与え続けることとなり、本当の意味でお口の健康を守ることはできていません。

今日、歯科医院は「お口の健康維持・予防」のために通院する場所に変わってきています。ご自身のために、悪くなる前から積極的に歯科医院に通いましょう。

メインテナンスの重要性

身近なお口の病気といえば、虫歯と歯周病。どちらも初期には自覚症状がなく、気がついたときにはかなり進行してしまっているという共通点を持っています。そして、実は日本人が歯を失うことになる病気の第1位が歯周病であり、次いで2位が虫歯だといわれています。

幸い、虫歯や歯周病の原因ははっきりしており、適切なメインテナンスを行えば予防することが可能です。しかし、それがなかなかできていないことで、最終的には入れ歯やインプラントなどを必要とする状態になってしまう方がいるのが現状です。

歯の大切さは、失ってはじめて気づくもの。年齢を重ねても自分の歯で食事が楽しめる喜びを得るために、悪くなる前からのメインテナンスを積極的に行っていきましょう。

当院の予防処置

当院では定期検診で、予防処置として以下のことを行っています。いずれも継続が大切ですので、ご自身のために定期検診の習慣を身につけましょう。

ブラッシング指導
患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて注意すべきブラッシング時のクセやみがきにくい箇所、歯や歯ぐきへの歯ブラシのあて方、動かし方などを含めた適切なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシなどのデンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。
PMTC
専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)などに溜まった歯垢や歯石などの汚れを徹底的に除去し、虫歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。
フッ素塗布
歯質を強化するはたらきを持つフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、虫歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促すはたらきもあるため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。定期的に行うと虫歯予防に効果的です。
デンタルグッズのご相談
ご自宅でのお口のケアでは、歯ブラシはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロス、またデンタルリンスなどを活用するのがおすすめです。当院では、一人ひとりに合ったデンタルグッズをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

途中で通院をやめないで!

歯科治療は、一度に完了させることが難しいという特性を持っています。そのため、治療が完了していないにもかかわらず、「とりあえず痛みが治まった」などといった理由で、途中で通院をやめられてしまう患者様がいらっしゃいます。しかし、通院を途中でやめてしまうことは、患者様にとってデメリットしかありません。完治させるために、最後まで通院しましょう。

通院を中断しがちなタイミングとは?

ケース1:痛みが治まったとき

痛みが強い部分がある場合には、ひとまず「痛みをとる」処置を行います。しかしこれは、治療が終わったわけではありません。ここで放置すると、再び痛み出すおそれがあります。

ケース2:仮歯を入れたとき

仮歯を入れると、見た目も機能も十分に回復したように思いがちですが、これはあくまでも「仮」の歯。長期的な耐久性はないため、無理に使い続けると、すぐにとれてしまったり、お口の中を傷めてしまったりすることになります。

ケース3:被せ物の作製中

虫歯治療で悪いところを削った後、型を採って被せ物を作製します。悪いところがなくなったことで安心してしまってか、次に来院されなくなってしまうというケースがあります。しかし、時間が経つと型も合わなくなり、再度つくり直さなくてはなりません。

ケース4:根管治療(歯の神経の治療)中

悪化した虫歯の根に対する根管治療は、通常何回かにわけて行われます。痛みがなくなった時点で途中で来院されなくなってしまう方がいますが、これではまだ細菌が歯根に残っている可能性があります。最後まできちんと治療を続けていれば残せた歯も、中断すれば抜歯が必要となってしまうでしょう。

通院中断のデメリット

最後に、通院中断のデメリットを確認してみましょう。

  • 患部は完治していない状態のため、症状が進行してしまう
  • 患部から、新たな病気が発症してしまう
  • 結果として、はじめて受診したときより、お口の健康状態が悪化してしまう

このように、通院の中断にはメリットはひとつもありません。治療計画にもとづき、医師から「完了」と告げられるまできちんと通院して治療を受けるのはもちろん、お口の健康を保つためにように定期検診に通いましょう。